建築リフォームや工事で仲介業者を介するメリット・デメリット一覧

※当記事では広告リンクを載せています。(例 通販リンク、問い合わせリンクなど)
ステルスマーケティング防止のため

建築リフォームや工事の仲介業者を介するメリット・デメリット一覧

エクステリア外構工事や土地不動産、新築建築、リフォームなど。仲介を入れた見積もり・手数料無料の会社があります。このサイトでは【外構・エクステリアパートナーズ】や【リショップナビ】などその他にも多くの場面で存在する仲介会社。私たちと工務店などの間に入って管理や段取りを行う業者がいます。

そのメリットデメリットを分かるだけ書きだしていく。そんな記事です。これを参考に決めてください。

スポンサーリンク

仲介業者を介するメリット

無料で複数の業者から見積もりを取れる

そのため、自分で一社ずつ見積もりを取る手間や時間を省くことができます。

また、複数の見積もりを比較することで、より適正な価格を見積もりしてくれる業者を選ぶことができるでしょう。

施工業者の選定が容易になる

仲介業者は施工業者の信頼性や実績、サービス内容、得意分野、料金などを事前に調べているため、施工業者の選定が容易になります。

また、仲介業者が施工業者との取引実績がある場合、自分自身で施工業者を選定する場合よりも信頼性やクオリティが高い業者を安心してより最適に選びやすくなるでしょう。

トラブル時のサポート相談窓口となる

仲介業者は施工業者との契約や施工中にトラブルが発生した場合に、相談窓口としての役割を果たすことができます

また、仲介業者が紹介する施工業者には、保証やアフターサービスなどのサービスが充実している場合があり、安心して施工を依頼することができます。

トラブルが少なく・解決に強い

仲介業者は施工業者との取引実績があるため、その経験を活かしてトラブル解決にも強くなっています。

施工業者との契約書に基づいた取引を行うため、工事中にトラブルが生じた場合でも、責任の所在を明確にし、仲介業者が的確な指示を出すことで、トラブルが解決しやすくなります。また、工事の進行状況を把握していることが多いため、工事が予定通り進まない場合も早期に対応できます。

交渉力がアップする

仲介業者は施工業者との取引実績によって、施工代金の交渉などで交渉力がアップする可能性があります

また、仲介業者が持つノウハウや知識を活用することで、施工業者との契約内容や仕様などをより詳細に決めることができます。

施工業者との折衝が苦手な場合や交渉に時間をかけたくない場合にも、仲介業者を利用することで、スムーズに進めることができます。

施工の進行管理がしやすい

仲介業者は普通、施工業者との契約内容や工事進行状況を常に把握しているはずなので、施工の進行管理がしやすくなります。

また、施工業者に対する指示や問い合わせなどの手間を省くことができます。

資金面での負担を軽減できる可能性がある

仲介業者を介することで、交渉力が上がること、業者への相談の時間短縮によって、施工業者からの割引交渉の余地が生まれ、コスト面でのメリットがある場合があります。

また、仲介業者と念入りに打ち合わせをして、サポートのもと、施工内容を正確に要望通り伝えれば、「こうじゃなかった」ということになる可能性を下げられ、以降の補修や変更、時間延長などの資金を抑えることもできます。

より高度なアドバイスが受けられる

仲介業者の取引実績から、より高度なアドバイスを受けることができます。

例えば、施工の設計やプランニングに関して、より専門的なアドバイスを受けることができます。また、素材や設備に関しても、施工業者が教えてくれないような情報を仲介業者から得ることができます

アフターフォローを受けられる可能性がある

先ほども少し紹介しましたが、仲介業者によってはアフターフォローが充実している場合があります。施工後に問題が生じた場合や、メンテナンスが必要な場合に備えても相談できる可能性があります。

仲介業者を介するデメリット

時間がかかる可能性がある

業者との打ち合わせや工事内容などの話しのやりとりや見積もりなどを仲介業者を通じて行うため、時間がかかることがあります。

予防するには、いずれの仲介業者も、普通なら納期などを相談もできるはずなので、そこでしっかりと相談して決めておくことが大切です。

ミスマッチが起こる可能性がある

仲介業者を介して業者を選ぶ場合、仲介業者にうまく要望を伝えないと、自分の要望や希望にマッチした業者を選んでもらえない場合があります。

業者が自分の求めるスタイルや設計思想に合わなかったり、希望の予算や納期を満たせなかったりすることがあるためです。

そのあたりも仲介業者との相談の際にしっかりと相談しておく必要があります

選択肢の自由度が限られる可能性がある

仲介業者は、自分たちが紹介できる業者に限りがあります。優良店を選定しているというメリットに対してその分、契約店も限られるため、うまく伝えなければ希望に沿わない提案をされる可能性があるため、自分で業者を探す場合と比較して、選択肢が限定されることがあるかもしれません。

仲介業者がしっかりと優良店を見極めて契約しているということでもあるので、そこは仕方がない部分でもあるかと思います。下手に自由度が大きすぎても、不良店を選んでしまっては元も子もないですし・・・。

万一トラブルが発生した時、解決が難しい場合がある

仲介業者が入っている場合、トラブルが発生した場合、責任の所在が複雑で曖昧になり、問題が解決するまでに時間がかかることもあります。

施工業者によるトラブルの場合は、むしろトラブルの対応は早いと思われますが、仲介業者がトラブルに関わってしまった場合は業者と仲介業者のどちらが責任を負うのかが不明瞭になる可能性があります。

要望を正確に伝えられない場合がある

仲介業者を介してやりとりをする場合、自分の要望を正確に伝えられないことがあります。

不必要な情報が省かれたり、誤解が生じたり、業者とのコミュニケーションによって生じた情報のズレが仲介業者によって正確に伝えられない場合もあります。

この予防に関しても、まずは自分の要望をしっかりと伝えることが重要です。そして、曖昧な部分は何度も確認しましょう。

仲介業者の無料見積もり・手数料無料について

仲介業者を介して工事や建築などを行おうとする場合は、しっかり調べて「手数料無料」を確認すること。そして、どこまで無料なのか、見積もりだけ無料なのか、仲介に関することはすべて無料なのか、どんな仕組みで無料になっているのかなどを確認しましょう。

謳い文句が巧妙になっていると、「見積もりは無料でも手数料はかかる」とか、「ここまでは無料だけどここからは手数料取る」とかいうことが起きかねません。

仲介を介するメリットは十分にあるので、その「無料」の部分をしっかりと調べて確認をとることが大切です。工務店などの施工会社にせよ、こういった仲介業者にせよ、すべて完全に信用できるわけではないです。仲介業者については、完全無料なら使う価値はあると思われます。

外構・エクステリアパートナーズ

外構・エクステリア業者無料見積り

  • 利用料0円
  • 日程調整やお断り連絡もお任せ
  • セールス・押し売りの抑制制度

業者による得意分野の違いの選定も無料で探し出してくれます。
外構・エクステリアパートナーズ加盟店の加盟前後で審査し優良店のみを残しており、もししつこい勧誘があった場合は報告できます。

リショップナビ

リフォーム一括無料見積り

  • 無料見積もり
  • 全国1500社から最大5社選別
  • 独自の保証制度

また「リショップナビ安心保証制度」という、契約店が万が一倒産した場合に備えた前払金の返還や代替リフォーム会社の紹介をしてくれるリショップナビ独自の保証制度があります。

家土地の対策
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ログインなしで各エクステリアの料金・メーカー比較サイト

シェアする
スポンサーリンク

おすすめの騒音計

3,000円台の簡易騒音計

住環境トラブログ

コメント