人気の安価な簡易騒音計「サンコー小型デジタル騒音計RAMA11O08・GAIN EXPRESS・Wintact WT85」

※当記事では広告リンクを載せています。(例 通販リンク、問い合わせリンクなど)
ステルスマーケティング防止のため

人気の安価な簡易騒音計「サンコー小型デジタル騒音計RAMA11O08・GAIN EXPRESS・Wintact WT85」

個人が家の周りの騒音を測るために使うような、簡単で安い騒音計を試しました。

アマゾンで人気だった「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」「Wintact 簡易デジタル騒音計家庭 WT85」を比べてどちらがいいのか実際に使ってみます。

スポンサーリンク

サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08

サンコー商品

今回私は出品者がはずれだったのかもしれませんが、梱包が甘かったですね(笑)
ちゃんとしたケースに入っていませんでした。

説明書は英語。(ネットショップ欄には日本語説明書と書いてありますが、入っていませんでした。)
電池は9V乾電池という聞いたことがない電池1本。これは入っていないと書いてありましたが入っていました。
電源は押したらすぐ消える

騒音計の中で一番安いです。ただ、特に使えないことは無いです。

サンコー

メーカーの名前やロゴは見当たりませんね・・・。

少し怪しいですが、機能的には

  • 直感で使える。
  • 表示もライトがついて見やすい。
  • それなりにちゃんと計れている。
  • 騒音のMAXとMINも計測することができる。

値段相応の機能だと思います。家庭で使うような簡易騒音計はこんなものでしょう。

 

ただ、厄介な事というかデメリットと言えば、

電池が謎。

聞いたことも売っているところも見たことがない「9V乾電池」。

サンコー裏

1)この電池、セットするのがかなりめんどくさいです。ボタンをはめるみたいにセットするのですが、とにかく固い。はめるのも取るのも力がいるので少し厄介です。

2)もうひとつ、電池を入れるこの蓋ですが、これもまた固い。特に取るのがかなり力いるし、なかなか取れない

↑ここが使いづらい点ですかね。

まあ、これさえ気にしなければ、まあまあ使えます。

細かくレビューした記事もあります。

見た感じこの「サンコー」というのは卸売り企業のようで、実際のメーカーは書かれておらずおそらくは中国系かと。説明書も日本語じゃないし。

Wintact 簡易デジタル騒音計家庭 WT85

Wintact商品

こちらはしっかり梱包されておりました。ケースにも入っていて安心です。

説明書は英語。
単4電池 3本。

電源は3秒くらい長押しで消える

こちらも安かったですが、結構使えます。

Wintact
  • 直感で使える。
  • 表示もライトがついて見やすい。
  • それなりにちゃんと計れている。
  • 騒音のMAXとMINも計測することができる。
  • ネットショップのレビューもそれなりに良い。

まあ、ほとんどサンコーと同じですね。

ただ電池関連が違います。

Wintact裏

単4電池で馴染み深く蓋も取りやすい&はめやすい

ちなみに、[防音遮音カーテンは効果ある?屋外からの騒音には全く意味ない【注意】]の記事の測定で使用したのもこの騒音計です。

Wintact 簡易デジタル騒音計家庭 WT85」は定期的に在庫補充・完売を繰り返しているようです。

こちらも細かくレビューした記事があります。

GAIN EXPRESS 小型デジタル騒音計

Wintact 簡易デジタル騒音計家庭 WT85」に似てるのありました。ていうか形全く一緒です。やはり中国のようです。

↑は香港の会社みたいですね。

ちなみに「Wintact」のメーカーも中国の広東省の会社らしいですし。サンコーと同じく全部中国系ですね。

まあ安物はやっぱり中国なのでしょう。まあでも簡易騒音計なんてそんなものですかね。

結果、どちらがいいのか

サンコー・Wintact

機能面では紹介した通り、同じなので、個人的には電池の設置が簡単な右の「Wintact」または「GAIN EXPRESS」のほうですね。

計測は大体同じなので、あとは電池です。

単4電池が使えることと、電池の付け替えが簡単な事が要因です。

ただ価格的にはサンコーの方が安い場合があるので、電池面で問題がなければ、安い方でいいと思います。

総合評価

個人的に、この2つはあくまで「簡易騒音計」ということで、大体こんなものかな程度で使うといいと思いました。

「サンコー」も「Wintact」も馴染みのない企業ですし、中国系ですし。

まあ最近の中国は、昔みたいな不良品量産ではなく、それなりにいい製品を作ってきているようですから、そこまでひどくなければ問題ないと思います。

今後ちゃんと使うものを買うとしたら

まあ、ここまで紹介してきましたが、買って分かったことがあります。

やっぱり中国系だからか、海外産だからか、梱包や説明などちょっと不安になるものが多く、今になってモヤモヤしています

私が今買うとしたら、というか次ちゃんとした物を買うとしたら、日本企業サンワサプライ「デジタル騒音計(騒音・温度 計測可能) 小型 CHE-SD1」ですかね。一応生産は中国でやっているのかもしれませんが。

ただそれでも日本企業の方がやっぱりよかったかなぁという気はしています。

他にも日本企業のシンワ測定「 デジタル騒音計 78588」も出てきますが、9,000円越えなので、家庭での測定でこれは少し出費がきついです。まあでもこれは完全なブランド品なので、信頼度で言えば簡易測定機の中ではトップクラスなのだと思います。だから高いのかな。

でも、ここまで来ると安心ではありますね。

私の意見では、後でモヤモヤしたくなければ日本企業の製品をお勧めします

騒音振動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ログインなしで各エクステリアの料金・メーカー比較サイト

シェアする
スポンサーリンク

おすすめの騒音計

3,000円台の簡易騒音計

住環境トラブログ

コメント